teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


抄読会 20140707

 投稿者:高松  投稿日:2014年 8月25日(月)21時29分26秒
返信・引用
  遅くなりました。7/7に紹介した論文です。

Exp Transl Stroke Med. 2014 Feb 14;6(1):3.
Forced arm use is superior to voluntary training for motor recovery and brain plasticity after cortical ischemia in rats.
Schneider A1, Rogalewski A, Wafzig O, Kirsch F, Gretz N, Krüger C, Diederich K, Pitzer C, Laage R, Plaas C, Vogt G, Minnerup J, Schäbitz WR.

脳卒中モデルラットを用いて、上肢強制使用と自発運動(ランニング)が運動機能と脳可塑性に及ぼす影響を比較した研究です。
 
 

抄読会 14/5/8

 投稿者:加藤  投稿日:2014年 5月12日(月)11時01分34秒
返信・引用
  遅くなりました.5/8に紹介しました論文についてです.
脳性麻痺モデルラットを用いて,幼少期の環境エンリッチメント効果を運動機能評価と組織学的評価で検討したものです.

Marques, M. R. et al. Beneficial effects of early environmental enrichment on motor development and spinal cord plasticity in a rat model of cerebral palsy. Behav. Brain Res. 263, 149-157 (2014).

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24486258

 

13/10/7 抄読会

 投稿者:野口  投稿日:2013年10月 1日(火)11時40分17秒
返信・引用
  野口です。10/7の抄読会では以下の論文を紹介させていただきます。
アルツハイマー病モデル動物であるAPP/PS1トランスジェニックマウスにおいて、長期(5ヶ月間)のトレッドミル運動がもたらすアルツハイマー病神経病理進行の抑制効果と、その潜在的なメカニズムについて検討した論文です。

Behavioural Brain Research. 256 (2013) 261? 272
Long-term treadmill exercise inhibits the progression of Alzheimer's disease-like neuropathology in the hippocampus of APP/PS1 transgenic mice.
Liu HL, Zhao G, Zhang H, Shi LD.
 

20130819抄読会

 投稿者:高松  投稿日:2013年 8月18日(日)21時45分0秒
返信・引用
  高松です。8/19に紹介する論文です。

Pagnussat AS et al: Effects of skilled and unskilled training on functional recovery and brain plasticity after focal ischemia in adult rats.
Brain Research. Volume 1486, 27 November 2012, Pages 53?61

スキルトレーニングと非スキルトレーニングがラット脳虚血後の機能回復と脳可塑性に及ぼす影響について比較, 検討した論文です。
 

(無題)

 投稿者:ishida  投稿日:2013年 8月 9日(金)18時41分0秒
返信・引用
  石田です。申し訳ありません。過去のセミナーで紹介した論文達です。

◆2013.1.8.
A-Li Yang et al: Thrombin promotes the expression of thrombospondin-1 and ‐2 in a rat model of intracerebral hemorrhage
「トロンビンは脳内出血ラットモデルでTSP-1/2の発現を促進する」
Journal of the Neurological Sciences 323 (2012) 141?146.

◆2012.7.27.
Susan Liebigt et al: Effects of rehabilitative training and anti-inflammatory treatment on functional recovery and cellular reorganization following stroke「脳卒中後の機能回復および細胞再組織化に対するリハビリテーション訓練および抗炎症治療の効果」
Experimental Neurology 233 (2012) 776?782.
 

(無題)

 投稿者:ishida  投稿日:2013年 8月 9日(金)18時32分27秒
返信・引用
  石田です。
7月29日、セミナーで下記の論文を紹介しました。
これは、名市大の道川教授のグループの研究論文です。
認知症に対する理学療法を考える上で、1つの入口になればと考えます。

Nishitsuji K et al: Lipoprotein Lipase Is a Novel Amyloid beta- binding Protein That Promotes Glycosaminoglycan-dependent Cellular Uptake of A in Astrocytes.
THE JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY VOL. 286, NO. 8, pp. 6393?6401, 2011.
 

抄読会

 投稿者:早稲田  投稿日:2013年 6月25日(火)00時39分42秒
返信・引用
  早稲田です。6月24日の抄読会で紹介した論文です。

Angiogenesis induced by CNS inflammation promotes neuronal remodeling through vessel-derived prostacyclin.
VOLUME 18 | NUMBER 11 | NOVEMBER 2012  nature medicine

皮質脊髄炎で生じる新生血管がプロスタサイクリンの産出を促進し、軸索の再編成を促すという新生血管と中枢神経リモデリングの関係を示した論文です。
 

6/10 Journal Club

 投稿者:加藤  投稿日:2013年 6月24日(月)15時03分6秒
返信・引用
  加藤です.遅くなりましたが,6/10のJournal Clubで紹介した論文です.

Bhagchandani, N. & Schindler-Ivens, S. Reciprocal inhibition post-stroke is related to reflex excitability and movement ability. Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology 123, 2239-2246, doi:10.1016/j.clinph.2012.04.023 (2012).

慢性脳卒中片麻痺患者で,電気生理学的評価と臨床試験を用いて,相反性抑制・促進と運動機能および痙縮との関連について検討した論文です.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22613030

 

13/4/22 抄読会

 投稿者:野口  投稿日:2013年 4月11日(木)18時47分52秒
返信・引用
  野口です。4/22の抄読会では以下の論文を紹介させていただきます。
慢性的なストレスにより生じる認知機能障害に対し持続的な運動を行い、その効果と作用機序について、酸化ストレスとBDNFシグナリングに焦点を当てて検討した論文です。

Biochem Biophys Res Commun. 2013 Mar 25 In press.
Exercise ameliorates cognition impairment due to restraint stress-induced oxidative insult and reduced BDNF level.
Kwon DH, Kim BS, Chang H, Kim YI, Jo SA, Leem YH.
 

3月18日のJournal club

 投稿者:戸田拓弥  投稿日:2013年 3月18日(月)15時15分55秒
返信・引用
  戸田です。
3月18日のJournal clubで紹介する論文です。

Selective corticospinal tract injury in the rat induces primary afferent fiber sprouting in the spinal cord and hyperreflexia.
Andrew M. Tan, Samit Chakrabarty, Hiroki Kimura, and John H. Martin
The Journal of Neuroscience, September 12, 2012

片側皮質脊髄路の消失による脊髄の不適応を組織学的評価として固有受容性求心路の発芽現象、電気生理学的評価として誘発筋電図を用いて検証した論文です。
 

レンタル掲示板
/7