teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/576 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

虹の記憶

 投稿者:shig  投稿日:2011年 9月10日(土)14時48分23秒
  通報
  僕は歩いていた
春にしては 少し強めの日射しの中
いにしえの古都の坂道
少し 遅れて 君が ついてくる
ふたりとも 何も喋らない
まだ知り合って 間もないのに
坂道を 修学旅行の生徒達が 駆け下りてくる
そのとき 一陣の風が僕たちを包んで 過ぎていった

その瞬間 僕は幻の中にいた

虹の広場の上で 柔らかな表情の人たちが
なにやら 不思議な機械と取り組んでいる
ひとりの人もいれば グループの人たちもいる

僕は聞いてみた
何をされてるんですか

グループの中のひとりが答えてくれる
人生を決めてるのさ
これから地上に生まれるんだけどさ
どの国にするか
誰の子供になるか
誰と いつ出会うのか
どんな試練に遭うか
そんなことをね
君も加わりなさい もうすぐ 地上に降り立つんだから
でもね 降りた瞬間 すべては記憶から消えているよ
だって 人生 分かってたらつまらないでしょう?

僕は 幻から解放された
君が心配そうに覗き込んでいる
どうしたの ぼうっとして
僕は答える
ん?分かったんだ 僕と君が出逢えた理由がね
ほら 虹の広場で ふたりで 決めたじゃない
いつ どこで どんな風に 出会おうか って

君は 不思議そうに 僕を 見つめる
何の事か さっぱりだわ 変な人

だからさ 決まってたんだよ みーんな
ふふ いつか 君にも 分かる日が来るさ

僕の場合は 今が その時だったんだ

僕は 幻の虹を見ていた
こころの深い とても深いところで

http://www3.ocn.ne.jp/~shig/poem/

 
 
》記事一覧表示

新着順:1/576 《前のページ | 次のページ》
/576