teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:8/43 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

将門様の祟りについて

 投稿者:なべ  投稿日:2007年 4月17日(火)20時58分28秒
  通報
  鎌倉時代真教上人は、何を以って将門様の首塚に「蓮阿弥陀仏」という場違いな法号を与えたのでしょうか。?
確かに将門様は討ち死にをされました。しかし世俗では、平貞盛・藤原秀郷の連合軍に敗死した怨念等と取り沙汰されていますが。真実は、将門様の霊魂には悟りを開いた者として、念界から念の塊が降りて、独自の神域を築かれたのです。故に神域を侵すものは祟られるのです。つまり仏の力の及ぶ限りではありません。
では、蓮阿弥陀仏の法号が、何故場違いなのかというと、人間が持つ念仏(想念)とは違い、念界の念は慈悲「救済」を主とする仏を嫌うからです。
戦後「蓮阿弥陀仏」と彫られた石板が、何者かによって取り除かれたという事件があったそうですが、それは決して間違った行為ではなかったのです。

http://tentei.hp.infoseek.co.jp/

 
 
》記事一覧表示

新着順:8/43 《前のページ | 次のページ》
/43